【真冬の男一人旅】リアル0円無職旅 6日目【経営者と会う】

Sponsored Link

前回の続き。

5日目にしてヒッチハイクを断念し、とうとう公共交通を利用してしまった僕。
さらに食費についても0円ルールが崩壊してしまう。

今日も飲食店で朝の目覚め。
深夜2時にマクドナルドを追い出され、その後避難した新宿のデニーズでお目覚め。

ありがとうデニーズ・・


この旅中、一度も部屋の中(車内除く)で寝ていないんだけど、なぜか風邪をひいていない自分にびっくり。

今日はお会いしたかった人に会える大切な日なのだ。

メディア経営者と会う

僕が市役所を退職し、フリーランスで挑戦しようとしたきっかけとなった経営者がいる。
実は、その方にTwitterとかメールで以前から粘着してたのだけど、この日に新宿でならOKと会っていただけることになったのです。

この旅はそれが目的でもあった。

新宿駅付近のとある飲食店で14時に指定される。
※あちらに予約取ってもらってました。

やはり体の疲労感が酷い。
もう観光する気力なんて無い。


午前中は商業施設のソファで爆睡。
そして、スマホの電池が無くなりつつあるので、トイレの大便器に籠って充電。

もう13時過ぎか・・そろそろだ。
商業施設を出て待ち合わせ場所の確認に向かうことに。

経営者なんぞ人生で殆ど会ったことがない。
どんな人だろう・・・ 緊張するなぁ。

駅からすぐの場所で迷うことなく到着できた。
やることもないので、ここで待っていることに。

2時間半に及ぶ会話

14時ちょうど、店の前に経営者が現れる。

経営者「あ、〇〇さん?」

僕「あっはい、よろしくお願いします!」


店内に入り、一息つき少し雑談。

わざわざ会ってくれてありがとうと最初にお礼を言う。
そして、詳細は割愛するが、僕が事前にメモしてきた聞きたいことリストにも応じてくれる。

色々と聞いているともう時刻は16時30分。

そろそろということでお別れ。
ちなみに、0円旅だからってことで僕も注文したドリンク、彼におごっちゃってもらいました笑

「0円旅頑張ってください笑」

「はい、ほんとありがとうございました!」

そして、さようなら。
僕も早く彼みたいになりたい・・

なれるだろうか。



彼にとっては何のメリットも無いはずなのに、、、わざわざ会っていただいてありがとうございました。

でも、結構お金も時間も持て余してるらしい。
うらやましいですね。

とにかく貴重な話と貴重な体験をさせてもらいました。
やはり、こうやって動いてみるもんだ。

そして、大阪の梅田へ帰る。

明日はこれまた人と会う約束があるため、高速バスで梅田に戻る(7000円也)。
というか楽しかったけど、もうヒッチハイクはいいっす笑

バスタ新宿

夜の10時に高速バスに乗り込む。
あったかいし、横にもなれるし超快適空間。

おやすみ・・・・・

これであんなに楽しみにしていたリアル0円旅も終わり。

書きながら思い出しているとなんか切なくなってきた。

次回は旅の振り返り。
続く。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です