【真冬の男一人旅】リアル0円無職旅 4日目【40時間絶食からの復活】

Sponsored Link

前回の続き

吹田サービスエリアでまさかの2日連続ヒッチハイク失敗により、SA店舗内での2泊目が決定。

昨日の朝、マフィンを食べてその日は何も食べていない。
そして、今日も朝から何も食べていない。

いや、マジでこのままじゃ倒れそうです。

なんとか0円で食べ物を確保できないか・・・


そこで、恥を忍んで外部のたこやきなどを売っているお店に交渉することに。

この右側にたこやき売ってる店がある



トイレの鏡で顔を確認すると完全に顔が死んでたんだけど、残りの力を振り絞って笑顔を作る。

僕「すいませーん、ちょっと変なこと聞くんですけど、ここのお店で廃棄する食べ物とかってもしあったら貰えたりできますか?w」

おばちゃん「いやー、ないことはないけど、、、あたしじゃ責任取ることはできないですね。2階に事務所がありますけど・・」


僕「あ、やっぱり普通そうですよねw ごめんなさいw」



・・・やはり失敗。
今、思い返せばここでもっとぐいぐい交渉していれば、貰えたのかもしれない。




ところで、いつから僕はこんな図々しい人間になったんだろうか。



まぁいい。





そして、時刻は午後10時。

最後の食事から約37時間以上が経過していた。
唯一の救いはSAで温かいお茶が無料で飲めることだ。

これでヒッチハイクで冷えきった体をひたすら温める。



僕はあまりの空腹と疲労に意識朦朧としていた。



このまま僕は逝ってしまうのか・・












???




ふと、スマホを確認するとTwitterにメッセージが入っている。









「はじめまして。私は逆ヒッチハイカーをしている者です。今、旅行中ですので、もしタイミングが合えば乗せましょうか?」







・・・・



え、乗せてくれるの!??



というか逆ヒッチハイカーって??
乗せる側が積極的に提案するイメージ?

とにかくすぐ僕は返事をした。



僕「はじめまして、乗せてくれるんですか?僕は今、吹田サービスエリアにいます。東京を目指しているので、少しでも東方面に送っていただけると助かります」

逆ヒッチハイカー「岡山から名古屋にいき、奈良などを経由して、今、岡山の近くにいます。タイミング的に合いませんでしたね。


ダメだ・・・ぬか喜びだったか。。
落胆するも、逆ヒッチハイカーは自らの経験からヒッチハイクのコツや、おすすめのサービスエリアなどありとあらゆる情報を提供してくれた。



そして、






乗せることは今回できないですが、LINE PAYなどで食事代ぐらいならいくらか支援しますよ



え、マジかwだけど、少し迷った。ネットで出会った人に金銭的な支援を受けてしまって、0円旅の趣旨から考えて問題ないのだろうか?

「え、本当にいいんですか?送金してもらった経験無いのでやり方わからないんですが、どうしたらいいんですかね?」

割と速攻で返事する僕。
もうここはご好意にあずかろう・・・w

twitterで旅を発信していて良かった。。

そして、LINE PAYのバーコードを逆ヒッチハイカーに送る。


10分ほど待っていると、、、

キターーーーーー


なんと2500円も送金いただくww


せいぜい1000円ぐらいと思ってました。

とにかくお礼を言う。
こういうことってあるんですねw



ありがたく使わせていただこう。


サービスエリア内での店舗でLINE PAYは使用できないことが判明したため、残りの力を振り絞りサービスエリアを出ることに。

10分程でミニストップに到着。


腹を満たすというところでコスパの良いものを中心に選ぶことに。

そして、今後も何があるかわからないので2500円のうち800円は予備として残すことにした。

トップバリューの一袋100円パン、むっちゃ安いね。

レジの様子。たくさん買っちゃいました。

弁当2つ。おにぎり2つ、食パン一袋、ポテトチップス、ハイチュウ、よくわからんスナック菓子

1700円でこんなにたくさん買わせてもらいました。

レンジでチン後。いただきます・・・!!!

いや、むっちゃ美味い・・・
ただのコンビニ弁当なんだけど、マジで体に染みわたる感覚を味わう。

学生時代の部活後以上の美味さ。

そして、何より人間の心の温かさ・・w
弁当2つをたいらげてお腹いっぱい。

幸せだ・・




お腹がいっぱいになって体がポカポカしてきた僕は猛烈な眠気に襲われる。




それじゃ、おやすみなさい。
そして、ありがとう。


アイマスクをして、机に突っ伏して朝まで睡眠です。


明日は絶対にヒッチハイクを成功させなければ・・



続く。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です