【2020バレンタイン】開催中止のお知らせ

Sponsored Link

モテない男子に朗報。2020年からバレンタインデーは中止となるらしい。

ごきげん尿。

ちょっと今、興奮のあまり手が震えている。

世はクリスマス真っただ中。椅子から転げ落ちるほどのビッグニュースが飛び込んできた。

毎年、バレンタインデー中止のお知らせが出ていたが、結局、ドッキリ的に肩透かしを喰らわせられていたピュアな俺たちだが、2020年バレンタインデーを目前にして、日本政府が本格的な法規制に動き出したようだ。

今回はマジで素直に喜んでほしい。

以下、引用。

参議院は7日、特定の日特定の目的を持って菓子類を他人に贈与する事を禁止する「特定菓子類禁止法案」(反バレンタインデー法案)を全会一致で可決した。既に衆議院で同法は可決されているため、今週末にも成立・施行される見通し。
 これに伴い、今後バレンタインデー、ホワイトデーは禁止される事となった。
 以前からインターネットコミュニティ上を中心として同法の必要性が訴えられていたが、製菓会社をはじめとする業界団体の強い反発により法案の審議にまでは至っていなかった。しかし昨年クリスマスが中止されたにもかかわらず、依然として多くのカップルデートをしていたという事実を政府が問題視し、政府勧告だけでは効果がないと判断、今回の法制度化へと繋がった。

引用元:https://dic.pixiv.net/a/バレンタイン中止のお知らせ

今後、徐々に規制強化の見込み

今回の特定菓子類禁止法案(通称、反バレンタインデー法案)、これが今週末にも施行されるとのこと。

業界団体の不支持をはねのけてまで、規制に動いたのは称賛に値するのではないだろうか。

私見であるが、このまま無事、反バレンタインデー法案が施行されれば、カップルでのクリスマスのお祝いや花火大会への参加、夜景スポットへの侵入など順次、規制強化が進むのではないかと思っている。

なぜなら、こういった法規制は一つの規制を皮切りに順次、強化されていくのが定番だからだ。

日本には明るい未来が待っている。

規制強化の暁には、独身のおっさん一人でも気兼ねなく上記スポットに足を運べるようになるはずだ。

おっさん同士ビールを片手に、ロマンチックな夜景に酔いしれようではないか。

  • 日本は少子高齢化で沈んでいく。
  • 中国や東南アジアなど新興国に追い抜かれ最貧国になる。

など、悲観的な観測が多い中、一筋の光が見えたような気持ちにさせてくれるニュースだ。

まだまだ、日本は頑張れる。

僕はそう確信した。

私は騙されやすい人間なのかもしれない。

よく引用元サイトを見ていなくて、記事を執筆中に気づいたのだが、ソースが完全にネタサイトだった。

しかも、引用元にも「・・・とここまではネタ。」とおもいきり書かれてある。

今は怒りで手が震えている。

モテない諸君、すまん。

僕の確認不足でした・・・

よって、バレンタインデーも夏の花火大会も次のクリスマスも予定通り行われる。

日本中で無数のカップルが同時刻にイチャイチャしまくることになる。

我々には耐え難いことだが、これは紛れもない現実なので、どうか強い意志を持って真正面から受け入れてほしい。

お詫びに次号では、今からでもできる「バレンタインデーに女子からチョコを貰うテクニック」を書いていくのでそれで許してくれたまへ。

記事は途中まで書いたので、せっかくなのでアップロードさせてもらうね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です