転職先が無いまま仕事を辞めても大丈夫なのか。

猫

Sponsored Link

突如、市役所を退職し現在、完全に無職状態の僕です。

「仕事が激務過ぎる・・」
「仕事にやりがいが見出せない・・」
「仕事の人間関係が辛い・・」
「自分の人生このまま終わっていくのか・・」
「でも、お金の心配が・・・」

こういった悩みって会社員として勤めていれば殆どの方が経験するのではないでしょうか?

しかし、やはりネックになるのが「お金の心配」ですよね。というか資本主義社会で生きていく以上、もうこれに尽きると思います。

それでも、どうしても辞めてしまいたい衝動に駆られることってあると思うんですよ。それでも、理性がそれを止める。

世間では通常、転職先を見つけてから辞めるというのがリスクが低く、メジャーなようですが、転職先の目途が無いまま辞めてしまうのは、実際のところどうなのか?

僕の意見と経験談(というか今)を書いていきます。

意外に焦燥感は無い。

貯金は確かに減っていきます。特に所得税なんかは前年度の給与ベースで掛かってくるので、今後、1年間にわたって結構な額で所得税がかかってきます。

しかも僕の場合、公務員なので失業保険なんぞ一切出ませんw

ところが、僕は本当に焦りがありません。

それは「何とかなる」という思考が自分の頭に定着しているからだと思います。

でも実際、本当に何とかなるんですよ。少なくともこの日本で食えなくて餓死とか通常はありえませんからね。もっと人に頼ってもいい。

以前に「心配ごとの8割は起こらない」っていう本がヒットしていたと思いますが、正しくこれで、現実以上の恐怖を抱いているだけなんだと思います。

実際、僕は貯金がいくらかあるということもあるかもしれませんが、多少節約をするようになったぐらいで後はなんも変化はありません。

代わりにノーストレスで夜はぐっすり寝れるようになったし、副作用として年金暮らしのジジババ並みに曜日感覚が無くなりましたw

ま、このへんは家族がいて養わなきゃいけないとか背負ってるものの違いで全く変わってくると思うので、安易なことは言えませんが・・

少なくとも僕の現在の心境はこんな感じです。むっちゃ生きていること実感できて幸せですよ。これが今後、どうなっていくかですね^^

みんな自分のハードルを高く設定し過ぎなんだと思う。

僕はこれからフリーランスで成功させる予定ですけど、そこに至るまでの過程だと考えれば、貯金が減ってくるまで無職だっていいと思っているし、足りないならアルバイトで食いつなげばよいだけだと思っています。

立派な大人と見られるには正社員でなければならないとか、派遣やフリーターは世間体が悪いからとかそんなの気にしたって仕方がないし、周りの評価を気にしているからみんなと同じレールしか走れないんですよ(勝手ですが)

そんな自分のプライドが邪魔をして、仕事を極限まで我慢して鬱になって挙句の果てには・・・みたいなのって日本全体でみると日常レベルで起きています。

つまらないプライドが自分の命まで破壊しちゃうんですよね。

本当に本末転倒ですよ。こういったことを考えることもできないほどの精神状態に追いやられるのかもしれませんが。。

ただ、考えてほしいのは、あなたがエリートリーマンであろうが、派遣社員であろうが、フリーターであろうが、無職だろうが、あなたがあなたであることに変わりはありません。

確かにお金をたくさん持っていれば経済的な自由が手に入るのは大きなメリットに違いはありません。でも、綺麗ごとかもしれませんが人の魅力って僕は肩書とかじゃない気がしてます。

仮に自分の肩書が変わっただけで、離れていく人なら逆にこちらとしてもどうでもよくないですか?w

ただ、個人的に社会貢献っていう意味で考えると、無職の人はいつかは働いたほうが良いかとは思いますw

高額所得者は累進課税で高負担だからそれだけでも社会に貢献してるしね。

とにかく「正社員じゃなければならない」とか「派遣やフリーターは恥ずかしい」とかって世間をみんな気にしすぎです。

人生を長い目で見たら、そういう時期もあっていい気がしませんか?

自分の中のハードル」を下げてやれば気持ちは一気に楽になりますよ。

まとめ

個人的な意見になりますが、

  • 多くの人が「転職・退職で現実に起こること以上の恐怖」を抱いてしまっている。
  • 世間の評価など自分のプライドを捨てることができれば楽になれる。自分を赦してあげましょう。
  • ただし、家族がいて大黒柱となっているような立場の人は少し慎重になりましょう。お金は大事。

尾張

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です