転職・退職を上司や友人に相談すべきなのか?

Sponsored Link

公務員を突如、退職して絶賛無職中の僕です。

僕は自分の中だけで決断して、一気に退職まで持っていきました。
親にも上司にも友達にも一切、相談していません。

なかなか仕事を辞める決断ってエネルギーがいるし、難しいと思います。
今回は、転職・退職について、周囲の人間に相談すべきなのか?という点について、僕の意見を経験談も交えて書いていきたいと思います。

僕が周りに相談しなかった理由

その理由は、

「周りに相談しても止められると思ったから」

これに尽きます。

特にネックになるのが上司

僕は世間的に楽で安定しているといわれる公務員だったので、親が反対するのはわかりきっていました。

はっきり言って古い価値観だなーと思いますが、これがもし自分の職場が超絶ブラックとかなら反応は違ったでしょうから、相談していたかもしれません。

そして、次に上司。

どこの職場でも大抵は引き留めてくるのではないでしょうか。

人員に余裕のある職場など早々ありません。ほかの人に負担がかかりますし、上司としては引き留めるのが当たり前だと思います。

僕もやんわりと引き留められましたが、「申し訳ありませんが、もう決めさせてもらいました」と宣言するような伝え方だったので無理強いは全くされませんでしたw

中には応援してくれる人もいるかもしれませんが、大抵は

「これからお金どうするんだ?」

とか

「せっかく入ったのに勿体ないでしょ」

とかネガティブなことしか言ってこないのが想像ついたので、相談しなかったというわけです。

たぶん周りに相談して、親の許可もきちんととって・・と段取り踏んでると、僕は未だにいやいや仕事を続ける毎日を送っていたことでしょうw

そういう意味で僕の戦略は成功だった。

信頼できる人間なら相談もあり

結局、相談するかどうかは個々の状況や判断によってくるとしか言えません。

ただ、職場とは関係の無い信頼のおける友人には相談してみるのも良いかもしれません。
辞めたいと思うあまり、その後について冷静な判断ができなくなっている可能性もあるからです。

相談をすることで有益なアドバイスをしてもらえ、気付きを与えてもらえる可能性もあります。

職場であってもあなたのことを第一に考えてくれる同僚や上司がいれば、相談してみるのもアリかもしれません。

まとめ

  • 職場の上司や同僚は引き留めたり、ネガティブなことを言ってくる可能性があるため慎重に。
  • 信頼のおける人間なら自分が気づいなかった点について前向きなアドバイスをしてもらえる可能性あり。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です