【L’Arc「ARENA TOUR MMXX」記念】個人的アルバム曲トップ5

Sponsored Link

僕は、ラルクで好きな曲はシングルよりもアルバム曲が多いんです。

前回シングル曲トップ5の記事を書きましたが、今回はアルバム曲トップ5を挙げてみたいと思います。

今回もかなり悩みました・・

個人的アルバム曲トップ5

5位 「in the air」

96年発表Tierraの1曲目でhyde作曲。

浮遊感のある幻想的な曲。 20th L’Anniversary liveで聴いてカッコ良さに今更気づいたという・・w

とにかく聞いてください!

4位 「fare well」

1996年発表のTrueの1曲目収録でken作曲。

ピアノを主旋律としたしっとりした泣けるバラード。

編曲にどこまでメンバーがかかわってるのか知りませんが、少なくともkenのギターってマジでセンス良すぎ。

ビジュアル系とかJ-popだからと馬鹿にしてる洋楽かぶれはカスだと言っておきましょうw

3位 「route 666」

2000発表Realの8曲目収録、hyde作曲。

疾走感のある曲で、ドラムのフレーズが面白い。

そして、ベースがかっこいい、ギターも全編かっこいい。 ギターソロ前のドラムソロっぽいのもかっこいい。 つまり全てがカッコよいのでとにかく聞いてほしい。

2000年のライブverは荒々しさ満点で超絶カッコいい。

2位 「ガラス玉」

1995年発表Heavenlyの4曲目収録、ken作曲。

最初の30秒はなんと無音w

kenのアルペジオをバックにhydeがつぶやくように歌う。

短いながらも起承転結がしっかりしており、ドラマティックな曲。

これまたギターソロが超カッコいい。数少ない早弾きを披露しています。

解散までにもう一度、こういう曲作ってほしいなぁ。今のラルクでも絶対できる。

1位 「静かの海で」

95年発表Heavenlyの9曲目収録でメンバー4人での作曲。

数少ない「感動できる」曲です。

変拍子とかは無いけど、起承転結があり、ちょっとプログレ風味の曲。

ディレイの掛かったkenのギターが浮遊感・幻想感を生み出しています。

2018年のラルクリで聴けた人は幸せもんですね~ほんとに。 「feel heavenly~♪」って会場で大合唱できたら幸せでしょうね~!

まとめ

  • 1位 「in the air」
  • 2位 「fare well」
  • 3位 「route 666」
  • 4位 「ガラス玉」
  • 5位 「静かの海で」

いや~ぶっちゃけ5曲に絞ること自体かなり無理がありました。

良曲多すぎなんですよラルクは。  

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です