【2019クリスマスイブ】1年間で最も多くのカップルが誕生・別れる日?

Sponsored Link

今日は年に一度のクリスマスイブですね。
明日はクリスマス本番!

もうプレゼントは買いましたかー?
僕はこういうイベントには乗っからないタイプ(=相手がいない)なので特にプレゼントなどは買っておりません(支出無くてラッキーですほんと^^)

明日の夕方ごろにはファミマで「ファミチキ一つ・・」とかボソっとつぶやいていることだろうと思います。

ところでクリスマスってどれぐらいのカップルが誕生するんですかね?
また、誕生する一方で、喧嘩別れなどで消滅するカップルも中にはいるはず。

そのあたりについて、調査してみました!

1年間でカップルが最も多く誕生する日、FACEBOOKが分析済みだった!

FACEBOOKがユーザーを対象にカップル誕生が多いイベントを調査していた!

GAFAの一つ、俺たちのFACEBOOKが米国内ユーザーの恋愛傾向についてすでに分析してくれていた。

その結果、1年間で最もカップル誕生が多い日は、バレンタインデーとクリスマスだそうだ。

→なるほど!facebookユーザーのプロフィール欄の「独身」「離婚」「婚約」等のステータスの変化から分析したそうな。でもそんなみんなホイホイ更新するか??陽気すぎるだろアメリカーナ!

カップル誕生が多い日付を順番に並べると、

2月14日、12月25日、12月24日、2月15日だそうだ。

これはあくまでアメリカでの調査だけど、日本でも同様の傾向であるということはなんとなく想像できる。

一方、カップル解消・消滅が多い日は?

googleで検索したところ、2つのサイトがヒットした。

  • メンタリストDaigoさんの取材記事
  • Between(恋人同士のコミュニケーションアプリ)の記事

Daigoさんによれば、2月の後半から3月の時期が、社会人なら部署異動や転勤、学生なら卒業などの環境の変化が多いため、別れやすいのだとか。

また、Betweenはアプリ削除の時期からカップル解消がわかるという理屈で、そのデータから分析すると、最も別れるカップルが多い時期は11月~12月なのだそう。

クリスマスもそうですが、バレンタインなども関係がうまく行っていないと逆にやるのがしんどいイベントではあると思うので、前段階で関係に亀裂が入っているカップルはこういったイベント前の11月~12月上旬に別れるか、当日に大喧嘩()して別れることも多そうですね。

まとめ

バレンタインとクリスマスが1年間で最もカップル誕生が多い日ということがわかりました。

また、バレンタインは日本だけでなくアメリカでも文化として根付いているということが米Facebookの調査結果からもよくわかりました。
それにしても、個人情報などのデータを握っている企業は強いですね。
企業でなく、個人単位でも「知っているか知っていないか」。
この違いで、人生に雲泥の差が生じてくる時代だと思わされますね。

追伸:
ところでクリスマスイブとクリスマスっていったい、どちらが本番なんですかね?
未だにわかってません、誰か教えてください^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です