【2020バレンタイン】バレンタインに別れるカップルが?その理由とは。

Sponsored Link

1年間でクリスマスと双璧を成し、最も多くのカップルが成立するといわれているバレンタインデー。

そんなハッピーバレンタインにも関わらず、別れのきっかけとなってしまうカップルもいるそうな。

今回は、そんな悲しいカップル達の理由について調査してみました。

別れる3つの理由

春の進学や転勤などの環境の変化を前に別れる

以前の記事でも取り上げましたが、メンタリストDaigoさんによれば、2月から3月の時期は、社会人なら部署異動や転勤、学生なら卒業などの環境の変化が多いため、別れやすいのだとか。

確かに学生時代でも高校とか大学の進学でも別れなかったカップルって結構レアでしたよね。

社会人で遠くに転勤となり遠距離恋愛ともなれば、お互いによほどの熱量が無いと関係は続けられませんからね。

バレンタインにデートしたが盛り上がらなかった。

これはもう潜在的に関係が危うかったカップルに多いパターン。

付き合いが長くて、友達関係のようになっているカップルや、付き合いが短くても「やっぱり合わない気がする・・」などと内心そんなことをもやもやと考えていたカップルでも、付き合っている期間であればバレンタインデーはスルーしないでしょう。

そんなときに、女性から男性にプレゼントしてもあまり嬉しくなさそうだったり、反対に女性がプレゼントするチョコレートが手抜き感が凄いなどといった場合に、お互いにがっかりしてしまうのです。

そこから愚痴の言い合いが始まり、だんだんとヒートアップし、最終的には物が飛び交い・・

あんなに優しかった〇〇君、あんなに献身的だった〇〇ちゃん、、、

そんなころは今や昔。お互い真顔かつ無言でスマホをいじるのが一番楽しいひと時になってしまっているのでした。

多くのカップルが愛を確かめあう一方で、物凄い形相で罵り合うカップルも存在するのです・・

あぁ、かわいそう^^;

クリスマスや年末年始に気になる人ができた。

交友範囲が広く社交性のある人は普段からとても出会いが多いものです。

クリスマスなら知らない人も含めた大人数でのパーティー。

年末年始は、旧友含めて飲み会をしたときに魅力的な異性と知り合うなど。

異性の友達が多い恋人はくれぐれもご注意を。

最後に

いかがでしたでしょうか。

カップルが愛を確かめ合うバレンタイン。

確かめ合って愛が深まるカップルがいる一方、確かめた結果、その場で崩壊してしまうカップルもいるという現実。

全員が幸せになるユートピアの時代はいつやってくるのでしょうか・・

追伸:

ちなみに僕は異性の友達というのは基本的におりませんので、本当に安心ですよ(アピール)。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です